引越し 東京 大阪

東京と大阪の間を引っ越しする方は単身・家族ともにやはり日本で一番多いのでしょうね。以下に平均的な料金を記しますので、だいたいどのくらいの費用が掛かるのかという点で参考にしてください。


引っ越しの運送方法にはチャーター便と混載便、混載便などがあります。
チャーター便で引っ越しする場合、費用はどのくらい?

チャーター便は作業員とトラックを引っ越しの最初から最後まで行ってくれるものです。
単身者の場合は30.000円〜120.000円位、
大人二人の場合は95.000円〜180.000円位、
3〜4人世帯では120.000円〜240.000円位
がおおよその相場となっています。

混載便・コンテナ便はどのくらいの料金が掛かる?

混載便は他の荷物と一緒に運ぶ方法です。
コンテナ便は鉄道会社やトラック会社などと連携して東京⇔大阪に荷物を運ぶ方法です。
単身者では13.000円〜80.000円位、
大人二人で40.000円〜120.000円位、
3〜4人世帯で52.000円〜160.000円位
がだいたいの平均的な相場となっています。

何を利用すると東京-大阪間の引っ越し料金は安くなる?

混載便、コンテナ便はチャーター便に比べると割安になっています。利用には引っ越し業者を通して行えるので面倒な手続きなどはありません。

引っ越しの荷物の運送には破損などが起こる可能性がありますが、コンテナ便の場合は荷物の搬出と運送が違ったり、途中で積み替えなどがあるので、破損したときは責任の所在が不明確になることもありますので、ここがデメリットとなります。

引っ越しの人数が同じでも料金に違いが出るのは荷物の量や引っ越しの時間帯、引っ越しの時期などが関係してきます。引っ越しの時期が一番混む3月と4月はどこの業者でも上記の料金の上乗せがあります。
東京-大阪間の引っ越し料金を安くする方法はコレ!

単身の引っ越しであっても業者によって、季節によって、日によって料金が随分と違います。これが家族であればなおさらです。

見積もりを比べてみないと大きな損をしてしまいますよ!
東京−大阪間の料金見積もりを比較するにはコレを使います。



引っ越し料金は、時間帯を選ばなければ安くなります。
一般的にはこれをフリー便と言っています。

各引っ越し業者には様々なプランやパックが用意されていて、高いところとそうでない業者の費用には雲泥の差があるんです。

引っ越し料金を安くあげたいのであれば複数社の見積もりが絶対に必要です。 必ず比較を行いましょう!

そして訪問見積りを受けて「あの業者では◯◯円だったのだけれど」と簡単な交渉をしてみてください。数万円は確実に差が出てくるのが引っ越しというものなのです!
東京-大阪間の引っ越し費用の見積もりを比較しましょう!

一度にたくさんの引っ越し業者の見積もりが取れます。
無料なので、知ってる人は皆が利用しているスタンダードなサービスです♪



東京から大阪、大阪から東京の大都市間の引っ越しは最も頻繁に行われているのではないでしょうか。これから引っ越しを予定している方は、よく聞く引っ越し業者から地域密着の引っ越し業者まで実に豊富にあって選ぶのにひと苦労していませんか?。引っ越し業者を選ぶ基準としては、やはり引っ越し料金でしょう。自分の引っ越し費用がどのくらい掛かるのかは各業者マチマチなんです。

上で紹介した見積もりサービスを利用しなければ、そもそもどのくらいの価格が適正なのかすら分かりませんよね^^;

引っ越し料金を安くするための大切な節約の心!

引っ越しは荷造りも大変ですが、その費用も大きくなるので、出来ればあまり何度もしたいものではありません。しかし様々な事情で、引っ越しを何度もしなくてはいけない人もいます。そんな時は少しでも引っ越し費用を安くしたいものです。引っ越し費用の基礎知識を持っていれば、費用も少し節約できるかもしれません。


さて、知っておきたい引っ越し費用の基礎知識とは、どんなことなのかと言いますと、まず距離が長いと高くなる、ということです。これは引っ越し先が遠距離であれば仕方のないことですので、別の方法で節約しなければいけませんね。次に、時期的に高くなる時期と格安になる時期があるということです。移動の多い春、年末などは、特に高くなりますので注意しなければいけません。反対に安くなる時期は1月や6月などで、比較的ねらい目です。曜日で言いますと土日が高く、平日は安くなります。また「大安」の日が高くなり「仏滅」が安くなる傾向がありますので、気にしないのであれば仏滅の日が空いていて安くなるということになります。

それから、何よりも気をつけなくてはいけないことは、荷物が多ければ引っ越し費用も高くなる、ということです。生活しているうちに荷物はどんどんと増えていく傾向にあります。引っ越しを楽にするためにも、時々は家の中を整理して不要なものは処分するか、売れる物は売っていくようにすればいいでしょう。このような引っ越し費用の基礎知識を大いに活用して、少しでも費用の節約をしたいものですね。引っ越しの準備、進んでいますか?、荷物をどうしようか悩んでいる方は引っ越し 梱包を参考にしてみてください。


 

 

海野真理